DENPARK - News & Press Release-

デンパーク花やイベントの最新ニュース
<< ◇デンパーク第14回ガーデニングコンテスト◇審査結果の発表 | main | アートフラワー展 手づくり盆栽・染めの花「四季の花々」 >>
加古川利彦 ボタニカルアート 〜旅先で出会った花々達 2〜
  デンパークの総合インフォメーション施設であるデンパーク館の展示ルームにて、ボタニカルアート作家・加古川利彦氏の作品展示会「加古川利彦 ボタニカルアート 〜旅先で出会った花々達 2〜」を開催しています。
 「ボタニカルアート」とは、英語でbotanical(植物学) art(美術)となり、植物学的な美術として、正確かつ緻密に植物の形、色、特徴を観察して写実的に描くアートのことです。
 昨年に引き続き2回目の開催となるこの展示会では、作者が旅したその土地で出会った思い出の花々を題材としたボタニカルアート作品、約30点を展示しています。
 作者が花々達と対話をしながら筆を動かし、長いもので1か月以上の期間を費やして描いた作品は、本物の植物と見紛うばかりの出来栄えとなっています。
 魅力溢れるボタニカルアート作品をどうぞごゆっくりご鑑賞ください。

◆作者紹介:
 加古川利彦(かこがわとしひこ)
 昭和43年 名古屋生まれ
 平成16年 高橋京子(たかはしみやこ)氏よりボタニカルアートを学ぶ
 平成23年 大府市・げんきの郷にて植物画教室開校
 ※名古屋市・ランの館、京都市・ガーデンミュージアム比叡など展示会実績多数
      
開催時期:平成24年6月27日(水)〜7月2日(月)
開催場所:デンパーク館1F 展示ルームにて
展示内容:ボタニカルアート作品、約30点

| 展示ルーム | 10:00 |
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ