DENPARK - News & Press Release-

デンパーク花やイベントの最新ニュース
<< ◇第13回ガーデニングコンテスト◇一般審査<特別賞>決定! | main | がんばろう東北!!応援セール開催 >>
加古川利彦 ボタニカルアート 〜旅先で出会った花々達〜
  デンパークの総合インフォメーション施設であるデンパーク館の展示ルーム
にて、ボタニカルアート作家・加古川利彦氏の作品展示会「加古川利彦 ボタニ
カルアート 〜旅先で出会った花々達〜」を開催しています。
 ボタニカルアートとは、英語でbotanical(植物学) art(美術)で、植物学的な
美術として、正確かつ緻密に植物の形、色、特徴を観察して写実的に描くアートの
ことです。
 今回の展示会では、バラ、コスモス、シンビジュームなど、作者が旅したその
土地で出会った思い出の花々を題材としたボタニカルアート作品を約30点展示
しています。
 ひとつの作品を制作するのに長いもので1か月程かけて丁寧に描き上げていき
ます。葉や花びらの細部まで精巧に描写された作品は一見の価値があると言える
でしょう。
 魅力溢れるボタニカルアートの世界をどうぞご覧ください。

◆作者紹介:
 加古川利彦(かこがわとしひこ)
 昭和43年 名古屋生まれ
 平成16年 高橋京子(たかはしみやこ)氏よりボタニカルアートを学ぶ
 平成23年 大府市・げんきの郷にて植物画教室開校
 ※名古屋市・ランの館、京都市・ガーデンミュージアム比叡など展示会実績多数
      
開催時期:平成23年6月22日(水)〜6月27日(月)
開催場所:デンパーク館1F 展示ルームにて
展示内容:ボタニカルアート作品約30点
| 展示ルーム | 11:21 |
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ