DENPARK - News & Press Release-

デンパーク花やイベントの最新ニュース
<< 安城植物友の会「春の山野草展」開催 | main | アートフラワー展「手づくり盆栽と染めの花〜四季を彩る花々〜」 >>
知立拓友会「拓本展〜花によせて〜」
  デンパークの総合インフォメーション施設・デンパーク館の展示ルームにて、
知立拓友会による「拓本展〜花によせて〜」を開催いたします。
 拓本とは、伝統的な複写技法のひとつで、碑石などに刻まれている文字や
絵柄を、紙と墨を使って実物大に写し取ったものです。よく知られている魚拓の
ように複写の対象に直接墨を塗るのではなく、対象物に貼り付けた紙を湿らせて
凹凸に食い込ませ、その上からタンポで墨を打ち込み、絵柄を複写していきます。
 元々、拓本は碑文や金属器の絵柄を複写して保存するための技術ですが、
硬くて凹凸のある物なら何でも採拓できます。ちょっと目の付けどころを変えて
対象を選んでみると、思わぬ面白い作品ができたりするのも拓本の魅力といえる
でしょう。
 今回の展示では愛知県内外で採拓した花を主題とした作品24点を展示して
います。各地のマンホールの絵柄や瓦の模様の拓本作品の他、磨りガラスの
模様を写し取ったものや食器のフォークを採拓したものまであり、作品内容は
多岐にわたります。
 拓本のモチーフやその周りの風景も見えてくる展示会を是非お楽しみください。

開催日時 : 平成23年4月13日(水)〜4月25日(月)
開催会場 : デンパーク館1F展示ルーム
展示内容  : マンホールや瓦などの拓本24点
| 展示ルーム | 18:28 |
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ