DENPARK - News & Press Release-

デンパーク花やイベントの最新ニュース
<< ハーブ&ポプリ「やさしい き・も・ち展」 | main | 「愛知県三河菊花展覧会」開催 >>
「安城の街並を描く 村瀬康司スケッチ画展」開催
 デンパークの総合インフォメーション施設・デンパーク館の展示ルームにて、村瀬康司さんによる安城市の街並を描いたスケッチ画の展示会を開催致します。

                       御幸本町交差点より西側方面を望む

 村瀬さんは近郊の古い街並を題材にスケッチを行ない、消えてゆく街並を描き続けています。今回はJR
安城駅前商店街をはじめとした安城市街地のスケッチ画79点を展示しています。村瀬さんが街のスケッチで特に気をつけるもののひとつに、商店の看板文字があります。イメージを損なわないようにするのに苦心しているとの事で、こまかな部分まで見事に再現されています。駅前の区画整理が行なわれる前のスケッチも多数あり、安城に住む方にとっては見慣れた街並の懐かしい姿を見ることができるよい機会になるのではないでしょうか。
 時とともに移ろい変わりゆく街並を見ることのできる展示会を是非お楽しみください。

 <村瀬康司さんプロフィール>
 西尾市出身。現在は安城市在住。39歳のときに友人の油絵に刺激をうけ、西尾市の日本画家に師事する。
 11年前、西尾市の商店街のスケッチに訪れた際、商店や民家が区画整理で取り壊されることを知り、なくなってゆく街並を絵に残そうと考える。以来描き上げたスケッチ画は900枚を超える。
 現在は週3回ほど近郊でのスケッチを行なう傍ら、安城市商工会議所の会報誌「あんじょう」の表紙も担当している。
 
開催日時 : 平成22年10月20日(水)〜11月1日(月)
開催会場 : デンパーク館1F展示ルーム
展示内容  : 安城市の街並を描いたスケッチ画79点

| 展示ルーム | 17:54 |
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ