DENPARK - News & Press Release-

デンパーク花やイベントの最新ニュース
<< 「京都染色作家 天白松嵐作品展 〜エジプト古代文字“ヒエログリフ”モチーフを京友禅で染める〜」開催 | main | 木工展「木のぬくもり展」開催 >>
凧がいっぱい!!「新春凧展示会」開催
 デンパークの総合インフォメーション施設・デンパーク館展示ルームにて、桜井凧保存会のみなさんによる「凧がいっぱい!!新春凧展示会」を開催します。天井から「福助」や「トンビ」などの桜井凧が吊るされている光景は、まさに日本のお正月といえます。


 「桜井凧」は、幕末から明治時代にかけて、安城市の桜井地区周辺で制作された伝統的な工芸品で、子供の誕生日を祝って贈る‘祝い凧’として現在まで伝わっています。袖(風袋)をもつ立体的な構造が特徴的で、鮮やかな色彩で彩られています。その形も多種多様で、チョウやハチといった生き物から、福助や天神などの縁起物を形どった物などがあり、とてもユニークです。今回の展示会では、地元の桜井凧のほかに、豊橋や田原といった三河地区の伝統的な凧をはじめ、全国各地の凧も展示しています。形や構造、大きさは地域によって様々で、その違いは実に興味深いものがあります。
 新春の雰囲気にぴったりの展示会となっております。報道機関のみなさまにはご周知の程よろしくお願い申し上げます。

展示会名 : 凧がいっぱい!!「新春凧展示会」
開催日時 : 平成22年1月2日(土)〜1月11日(月)
開催会場 : デンパーク館1階 展示ルーム
展示内容  : 桜井凧をはじめとする和凧約100点
| 展示ルーム | 20:08 |
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ