DENPARK - News & Press Release-

デンパーク花やイベントの最新ニュース
<< 「クリスマスフラワーショー」 | main | デンパークに初雪が舞う「一足早い雪遊び」 >>
日本初公開!! 「ドリアンテス」開花カウントダウン
このたび、フローラルプレイス内に登場したドリアンテス パルメリー(Doryanthes palmeri)が、まだ国内では例のない“開花”まであとわずかとなりました。
 このドリアンテスは、1995年にデンパーク緑地専門監の山本がニュージーランドで採種し、種まきをして育成してきた株です。デンパークではこの株を1996年より養生で育てていましたが、なかなか開花する気配がありませんでした。あきらめかけていた矢先、今年の2006年10月、ようやく株から花茎が伸びてきていることが確認されました。
今後、この花茎が伸長しながら開花する予定です。花は濃赤、または赤褐色で長さ4〜6cmの花を長さ1mの密な円錐花序につけるとみられます。
10年前の1995年には小さな種だったものが、今では見上げるほど大きく、四方に葉を伸ばしています。鉢の隣には、ドリアンテスの葉と背比べができるようになっており、その大きさがよく分かります。種からの開花は国内ではまだ例がないため、日本初の、大変珍しい花をご覧いただけるようになります。開花まで11年、お客様と一緒に、開花までのカウントダウンを心待ちにしています。

植物開花状況につきましては、随時インターネット上にて公開しています。コチラをご覧ください。

Doryanthes palmeri(ドリアンテス パルメリー) 英名:ガイミアリリー、スピアーリリー
東オーストラリア(クイーンズランド州)原産 リュウゼツラン科の多肉植物。
葉はロゼット状で、はじめは直立し次にアーチ状になる。晩春に濃赤色または赤褐色で長さ4〜6cmの花を、長楕円形で長さ1メートルの密な円錐花序につける。花の内側はうすい赤または白色で、濃赤色の苞に囲まれている。種まきから開花まではおよそ15〜20年かかるといわれている。デンパークの株は現在、葉の長さ1.5〜2メートル、花茎の長さ2メートル。
| その他 | 14:19 |
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ