DENPARK - News & Press Release-

デンパーク花やイベントの最新ニュース
「クリスマスローズ展」開催
 デンパークの花の大温室フローラルプレイスでは、冬の大地に可憐に咲く花「クリスマスローズ」の展示会と即売会を開催します。


クリスマスローズはキンポウゲ科の多年草です。花のように見えるガク片が特徴的で、そのガク片の中にある花が散った後も、美しい姿を鑑賞することができます。
花の少ない季節に、次々と花をさかせてくれるため、たいへん人気があり、交配して新しい品種を作る愛好家もいるほどです。

デンパークでは2006年から展示会を開催しており、今回は原種から交配種まで約100鉢を展示し、即売会も同時に行います。

展示期間  平成23年2月9日(水)から2月14日(月)まで
展示場所  花の大温室フローラルプレイス横特設会場
| フラワーショー | 19:12 |
フラワーショー「カラフルプランツ」
フラワーショー「カラフルプランツ」開催中
展示期間:6月22日(金)〜9月17日(月)

デンパーク花の大温室フローラルプレイス奥にあるガーデンルームにて、フラワーショー「カラフルプランツ」を開催しています。
 今回の展示は、熱帯植物特有の光沢ある葉、大きな葉、カラフルな葉などの品種を数多く集め、その豊かな色の組合せをご覧いただけます。
 ガーデンルームに一歩立ち入ると、そこには南国の楽園のような色鮮やかなガーデンが広がっています。コロカシア、ディフェンバキアなどのサトイモ科の植物中心に、ドラセナ、アナナスといった、レッド、イエロー、オレンジ、ピンク、グリーンの様々な色の葉や花を持つ植物が組み合わされています。また、部屋の中央の池には、熱帯地域の水辺に自生するグンネラがその刺々しい葉を大きく広げています。
 約40品種もの熱帯植物を集め、それをディスプレイ展示する手法は他の植物園では見られない試みです。また、中央の池の回りを周遊してデザインをご覧頂き、お客様に色々な角度からガーデンをお楽しみいただく工夫もしています。
 熱帯植物の特徴ある葉の色や形のダイナミックな魅力を存分にお楽しみ下さい。

展示期間 : 平成19年6月22日(金)〜9月17日(月)
展示場所 : 花の大温室フローラルプレイス奥 ガーデンルーム
展示内容 : サトイモ科の植物中心に約40品種900株
★珍しい植物
【グンネラ マニカータ】 
 ブラジルの霧が発生する高地に自生し、背丈が3m以上にもなる。
 葉の裏に多くのトゲがあることから和名は「オニブキ」。
【ノニの木】
 アカネ科ヤエヤマアオキ属の常緑高木。果汁は健康食品の「ノニジュース」として知られる。
| フラワーショー | 10:21 |
プレミアムコレクション「ギボウシ(ホスタ)」
 デンパーク 花の大温室フローラルプレイス奥にあるガーデンルームにて、10周年プレミアムコレクション「ギボウシ展」を開催しています。
 ギボウシは花の蕾を覆う苞(ほう)が、集まった宝珠に似ていることから、ギボウシ(擬宝珠)と呼ばれています。ヨーロッパで品種改良が進められ、さまざまな葉のバリエーションをもったギボウシが「ホスタ」の名で日本に里帰りしました。
 デンパークでは開園当初よりギボウシをコレクションしており、現在では約130品種保有しています。今回の「ギボウシ展」以外にも、園内の白樺林、花木園などでも見ることができます。ギボウシは様々な葉の形や大きさがあり、色は斑入りのもの、イエローやブルー系統の緑色などがあり、美しい葉のグラデーションを見ることができます。とくにガーデンルーム内の階段の上から眺めると、葉を広げるギボウシの美しさを、より実感していただけます。  
 豊かな緑のバリエーションを生み出すギボウシを、花の少ない日陰の庭を明るく変化させてくれる植物として、ガーデニングに取り入れるのもおすすめです。選りすぐりの葉を集めた、ギボウシ65品種のコレクションをどうぞお楽しみください。



展 示 名  : コレクション展「ギボウシ」
開催日時 : 平成19年5月30日(水)〜6月18日(月)
開催場所 : 花の大温室フローラルプレイス奥 ガーデンルーム
展 示 数 : ギボウシ 65品種
 〇ギボウシ(Hosta) ユリ科 ギボウシ属
‘ゴールデン・ティアラ’‘ムーンライト’‘ラブ・パット’‘カーニバル’‘クリスマス・ツリー’‘サザナミ・ギボウシ’など
| フラワーショー | 16:01 |
プレミアム・コレクション展「ペラルゴニウム」
 デンパーク 花の大温室フローラルプレイス奥にあるガーデンルームにて、10周年プレミアムコレクション「ペラルゴニウム 〜豪華な花に酔いしれる〜」を開催しています。
 ペラルゴニウムは、初夏のこの季節に大輪の花を咲かせ、和名を夏咲天竺葵(ナツザキテンジクアオイ)ともいい、大輪のアザレアのような豪華な房状の花を咲かせます。しかし、開花時期が初夏に限られることなどからか、良く似たゼラニウムが鉢花としてよく普及しているのに比べ、その花の美しさ、豪華さはあまり知られていません。
 デンパークでは今回の展示にあわせ、一年がかりで通常よりも巨大な大株に育てました。さらにペラルゴニウムの仲間であるゼラニウム、香りゼラニウムのグループを加えて、約50品種の展示をおこなっています。中には、葉に香りをもつ植物を集め、その違いを体験できるコーナーも設けてあります。豪華な花々と、植物の葉のもつ香りをぜひ体感してください。


展 示 名  : コレクション展「ペラルゴニウム」
開催日時 : 平成19年5月16日(水)〜5月28日(月)
開催場所 : 花の大温室フローラルプレイス奥 ガーデンルーム
展 示 数 : 〇ペラルゴニウム 24品種 
 開花期は4〜6月。5枚の花びらのうち、上の3枚に濃い色の模様がある。葉にはほとんど匂いはない。
  〇ゼラニウム  11品種
和名を天竺葵(テンジクアオイ)。ペラルゴニウムの仲間。窓辺に飾る「花ゼラニウム」、葉に模様の入った「変わり葉ゼラニウム」などのグループにわけられる。葉にくせのある匂いがある。
  〇香りゼラニウム 19品種
 葉に特有の強い香りがあり、花は小さく地味。ローズ・ミント・レモン・ココナッツなど、香りをあらわす名前がつけられているものも多い。
| フラワーショー | 13:27 |
プレミアムコレクション展“シザンサス”開催中
デンパーク 花の大温室フローラルプレイス奥にあるガーデンルームにて、10周年プレミアムコレクション「シザンサス」を開催しています。
 シザンサスは、コチョウソウ(胡蝶草)の和名がつけられているように、鮮やかな色で蝶のような花が株を覆うように咲き、とても豪華な姿になります。今回の展示では、クリーム、ピンク、赤、紫色などのデンパークオリジナル品種のシザンサス10品種を、一堂に集めました。一斉に咲きそろう姿は、まさに豪華絢爛。ガーデンルーム部屋全体に、幾万輪の蝶々が舞っているかのようです。春のあでやかなコレクション展をどうぞお楽しみください。

展 示 名  : コレクション展「シザンサス」
開催日時 : 平成19年4月25日(水)〜5月14日(月)
開催場所 : 花の大温室フローラルプレイス奥
         ガーデンルーム
展 示 数 : シザンサス 10品種・約100鉢

| フラワーショー | 16:43 |
コレクション展「ブラック&ゴールド」
 花の大温室フローラルプレイス奥にあるガーデンルームにて、10周年プレミアムコレクション「ブラック&ゴールド」を開催しています。
欧米のガーデン(庭)で影の演出や陰影の強調やアクセントとして好まれる「ブラックリーフ(黒葉や銅葉)」と、明るさや光の表現として使われる「ゴールドリーフ(黄金葉)」を集め、対照的な色彩を楽しんでいただく展示です。
植物の葉は緑色というのが常識的ですが、今回は珍しい黒葉と黄金葉に注目しました。品種としてコルディリネ‘ニューギニア・ブラック’(黒)、黄金葉マトリカリア(黄金)、ペニセツム‘バーガンディ・ジャイアント’(黒)といった一般に流通のない、非常に価値の高いものもあります。今回はこのような珍しい品種を約130種類展示しています。このような展示は日本で初めての試みになると思います。
同じような色彩の中にある微妙な色の違いや質感をお楽しみ頂ける、デンパーク独自のスタイルの企画展示をぜひご覧下さい。
 
催事名:コレクション展「ブラック&ゴールド」 
展示期間:4月4日(水)〜4月23日(月)
展示会場:花の大温室フローラルプレイス奥・ガーデンルーム  
展示内容:黒葉55品種、黄金葉75品種、計 約130品種

幻の植物「エキウム・シンプレックス」登場!
カナリア諸島原産、ムラサキ科の2年草(種を蒔いてから1年以上を要する草花)。4月ごろ、まるで雪のような純白の花を咲かせます。日本ではデンパークでしか見ることができない非常に貴重な植物です。また、4月21日(土)以降はピンク花の「エキウム・ウィルドプレッティ」(中部地区では当園のみ所有)も登場します。
【展示会場】花の大温室フローラルプレイス  【展示期間】5月中旬まで
| フラワーショー | 19:56 |
「貴婦人のイヤリング フクシア展」
 デンパーク花の大温室奥にあるガーデンルームにて、デンパーク10周年プレミアムコレクション第一弾「フクシア展」を開催します。
 フクシアは下向きに咲く上品な花姿から、英名で「レディ イヤー ドロップ」(貴婦人のイヤリング)と呼ばれています。開花したその姿と、はちきれんばかりにふくらんだ蕾が愛らしく、私たちの目を楽しませてくれます。
 フクシアは南米大陸を中心に約100種類の野生種があり、それをもとにヨーロッパでは1,000種類を越すさまざまな品種がつくられました。しかし、夏の暑さと冬の寒さが苦手なため、日本で栽培される品種はごく限られています。今回はデンパークでコレクションしているフクシアの中でも、特に花の美しい品種を20種類選んでご紹介します。


1. 展示会名  10周年プレミアムコレクション「フクシア展」
2. 期  間  平成19年3月14日(水)〜4月2日(月)
3. 場  所  花の大温室フローラルプレイス奥・ガーデンルーム


[屋外の花情報]
ベニバスモモが満開です!
ベニバスモモ 別名アカバザクラ
場所:ムーンライトウォーク、秘密の花園など
サクラのような薄桃白色の花をつけます。別名の由来は新葉が赤いことから。
| フラワーショー | 22:00 |
「クリスマスローズ展示会 2007」
 デンパーク花の大温室奥にあるガーデンルームにて、冬の大地を可憐に彩るクリスマスローズの展示会を開催しています。
クリスマスローズ(ヘレボルス・Helleborus)はキンポウゲ科の宿根草で、寒さに強く、冬枯れの大地で雪を持ち上げて花を咲かせるところから別名“雪起こし”とも呼ばれています。交配が行ないやすく、八重咲きやガク片にスポットの入ったものなど様々な品種が生まれています。中でも希少価値が高いものは、愛好家の間で数万円で取引される場合もあります。
今回の展示会では、クリスマスローズの交配種を中心に、原種もあわせ約150種類を展示しています。また、同会場ではクリスマスローズの即売会も開催しています。その他、3月11日(日)には、講師にクリスマスローズの第一人者である野々口稔氏(Helleborus倶楽部代表)を迎え、「クリスマスローズ特別講演会」を開催します。(予約受付終了。当日受付にて若干名受け入れ可能。詳しくはお問い合わせください。)


1. 展示会名  「クリスマスローズ展示会2007」
2. 期  間  平成19年3月8日(水)から3月12日(月)
3. 場  所  花の大温室フローラルプレイス奥・ガーデンルーム

<クリスマスローズ特別講演会>  
★日時 平成19年3月11日(日)10:00〜・14:00〜
★会場 花の大温室フローラルプレイス内ハイビジョンシアター
★参加費 無料(デンパーク入園料が別途必要)
★定員 各回70名(先着順) ※当日受付にて若干名受け入れ可能
| フラワーショー | 14:06 |
西洋ツバキコレクション展
 花の大温室フローラルプレイスにて、デンパークで所有する珍しいツバキを集めた「西洋ツバキコレクション展」を開催しています。
ツバキの栽培の歴史は古く、日本では奈良時代、中国では14世紀に記録が残っています。ヨーロッパへは19世紀に渡り、一大ブームが巻き起こりました。冬でも光沢のある葉と花を観賞できるツバキは、西洋の人々には貴重な園芸品種となり、当時の王侯貴族は競って大輪の花を捜し求め、品種改良を加えたそうです。
今回、直径15cmの巨大輪花や最近中国から導入された黄花の改良種を中心に、珍しいツバキを約15品種展示しています。ぜひご覧下さい。 

催事名:「西洋ツバキコレクション展」 ツバキ:学名Camellia ツバキ科
展示期間:3月中旬頃まで
展示会場:花の大温室フローラルプレイス  
展示内容:直径15cmの巨大輪花‘ヌッチオズピンクパール’、‘錦葉覆輪一休’、‘フラワーガール’、‘フレグラントピンク’、‘ブラックゴールド’など、赤やピンク、黄色で大小様々の大きさのツバキ約15品種を展示しています。
| フラワーショー | 13:56 |
「バレンタインフラワーショー」
 花の大温室フローラルプレイス奥にあるガーデンルームにて、「バレンタインフラワーショー」を開催しています。恋人たちが愛の印を交わすバレンタインデーをイメージし、ピンク色の花を中心に使って甘い雰囲気を表現しました。
 フリージアやカサブランカの甘い香りが漂うガーデンルームの中央には、愛を結ぶハートのオブジェを置きました。想いを込めて、このハートにリボンを結びましょう。ぜひ皆様の愛で、ハートのオブジェをピンク色に染め上げてください。
 また、ハートのオブジェの後方には白いガゼボとベンチがありますので、ハートのフレーム越しに記念写真はいかがでしょう。可憐(かれん)なチューリップやマーガレットの花々が一足早い春を運んでくれるフラワーショーを、どうぞお楽しみください。

ラブタイトル  「バレンタインフラワーショー」
ラブ開催期間  平成19年1月19日(金)〜平成19年3月5日(月) 
        *ハートのオブジェは2月19日(月)まで
ラブ開催場所  花の大温室フローラルプレイス奥ガーデンルーム
ラブ主な植物  チューリップ、マーガレット、ハーデンベルギア、プリムラ、カサブランカ、ベゴニア、ウンナンサクラソウ、シンビディウム、ハゴロモジャスミン など


ソシンロウバイが咲き始めました!

ソシンロウバイ(素心蝋梅)ロウバイ科 Chimonanthus praecox f. concolor
ロウバイよりやや大きな花が咲きます。
内側の花被片が暗紫色掛かるロウバイとは異なり、花は黄色一色です。寒風の中でも、とてもよい香りのする美しい花を咲かせます。
【場所】園芸プラザ、ムーンライトウォーク
| フラワーショー | 09:18 |
+ LATEST ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ